« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月25日 (土)

New Price!

0425_a 今週のCROWN Classics Reportは、

走行中の1-JZ搭載のMS50セダンの足元で、バリバリ存在感をアピールするホイル。

そう、Speed Master Wheelです。

CROWNを始めとする国産旧車にも似合い、幅広い車種にベストマッチです。

0425_b 特に50系CROWNには

ベストマッチな17X7J +25です。すっかり定番アイテムのスタイルです。

そんなSpeed Master Wheelsが、4月20日よりNew Priceになりました!

4/20日はMOON Illustrated Vol.3/09 ムーンアイズ カタログから、お買い求めやすいNew Priceになったんです!

ぜひこのチャンスにいかがですか?迷っているんなら決めましょう!

2009年4月18日 (土)

個性

0418_a RS56が2台。

Pick upとVan、しかも前期が2台。

これは偶然でもなんでも無くて、某雑誌で取材の依頼があって本牧まで来てもらいました。

見てて気が付いたのですが、やはりオーナーによってクルマの個性も変わっていくもんだなって感じです。

手前のBlueはCROWN Classicsで制作、販売させて頂いた左ハンドルのRS56、奥は以前から乗り続けていたRS56バンに、1-JZエンジンを換装させて頂いたお客様です。

シルバーのお客様は元々VW乗りだったためか?

0418_b シンプルで

Auto Meterのゲージがステアリングポストに付いてます。VW乗りの方はAuto Meter好きですよね??間違ってますかね?

0418_c そしてハーレー乗り

オーナーのRS56 Pickは何となく、それらしい雰囲気が漂います。

0418_d_2  ダッシュマットもレザーです。

デザイン何かも、やはり「それらしい」感じがしませんか?

でも、2台ともGRANT ステアリングを使ってます。ステアリングの選び方もそれぞれですね。

旧車だからこそ、楽しめる事がたくさんありますね!

2009年4月11日 (土)

ラジエターグリル

CROWN Classicsで以前販売させて頂いた、RS56 Pick up 左ハンドル車のオーナーから、グリルを変更したいとご依頼をいただきました。

0411_a RS56でも

前期型のグリルです。オーナーは当初クロームがご希望でした。中央のグリル本体はプラスティックで形成されているので、クロームメッキは掛けられません。

溶けてしまいますので、残った手は「真空蒸着メッキ」と言う方法しかありません。

なおかつ蒸着メッキだと、どうしてもプラスティックメッキ感が残ります。割れてる部分などは補修してペイントになりそうです。

0411_b こちらの

ヘッドライトベゼルを囲む、コーナーグリルも同様です。現在はスタンダード グリルが装着されている車両なので、デラックスグリルで化粧直し。

でもこれらも今となっては稀少なので、慎重に進めなければいけません。

代わりはありませんからね。

2009年4月 4日 (土)

ヘッドガスケット

0404_a M型エンジン

トヨタを代表する直列6気筒エンジンです。

代表車種は、トヨタの看板車であったスポーツカーばかりです。

画像はモチロンMS50 CROWNです。

最近はうちもエンジン換装の話が多いですが、トヨタ、日本を代表するエンジンを

もっと長く生きさせたいですね。

ただやはりパーツ不足は否めません。

0404_b 0404_c

写真はおもに輸出用に多い2M(2,253cc)用ヘッドガスケットです。

海外でも現存する2Mエンジンですから若干残っています。

日本国内でも入手が難しくなって来ているガスケット類ですから、

換装も一つの手ですが、まずは歴史あるエンジンをリフレッシュさせて

乗ってあげませんか?

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »