« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月30日 (土)

高速有鉛DX Vol,5

0830_a_2 入荷しましたよ。

高速有鉛 デラックス Vol.5です。今回は複数車両のオーナーさん達が特集されています。

その中に、CROWN好きなら知らない人はいない「前原さん」が取材されてます。色々面白いクルマをお持ちですが、「こんなクルマも?!」って感じですよ。

0830_b 今回の裏表紙は、

MS51 H/T前期のPhotoです。なんと今回の記事の中に、同型のCROWNをお持ちの方のページもあります。

前期は貴重ですね、MS51 H/Tはまだ探せば出ますが前期は難しいかも?

0830_c そしてこちらも前期顔。

このMS52は今月のCruisinマガジンにも掲載されてます。このクルマは昨年のHot Rod Custom Showで"Best Domestic"に選ばれたMS52です。

「高速有鉛 Vol.5」¥980絶賛発売中です!

2008年8月23日 (土)

Japanese Nostalgic Car

823_a タイトル通りのこのマガジンご存じですか?

USマガジンなのですが、アメリカの日本車を特集したマガジンです。これが創刊号でVolume 1/Issue 1です。アメリカ国内での取材と、日本での取材が混同しています。

823_b 中でもこちら、

"Coming to America"日本から言えば輸出車です。観音クラウンのマスクで惹かれますが、その他の写真に横浜在住のオーナーが所有のMS50が掲載されていたりします。

アメリカ人から見た日本の旧車達、ある意味日本人から見ても新鮮に映ります。

ホンダ コレクションホールやNew Years Meetingも取材されていたり、日本人にとっても貴重なマガジンかも知れません。

823_c CROWN Classicsも広告を掲載しています。

"Japanese Nostalgic Car"¥840です。お問い合わせ下さい。

MOONEYES AREA-1 045-623-5959

2008年8月16日 (土)

1-JZ換装 経過

現在For SaleでWebにも出ています、MS53 LHD  Wagonの途中経過です。

外装の板金は、ほぼ終了して現在ドナー車の1-JZを整備と、フレーム補強などを行っています。

0816_b まだこの状態では冴えない感じですが、現在はもう少しディテールを修正しキレイになってきています。

この状態でもちろん、消耗部品や悪い部分は換えてしまいますので、エンジン単体でも安心できるモノになります。

もちろんミッションも同様です。

0816_a フレームも作業を始めたばかりですが、きちんとした補強が必要です。

もちろん1-JZになると言う事は、スピード面もしかり、ブレーキに対するフレームへの負担が一番やばいですね。

思いっきり、アクセル全開、思いっきりブレーキでStop。それに耐えうる強度が必要ですから大事な部分です。

この先、また進歩しているところをお見せして行きます。

2008年8月 9日 (土)

W-Pick

快適装備が付くCrownも良いですが、今週ご紹介するのは快適装備になるかどうかは、貴方次第?

トヨタ クラウン RS56P W-Pickです。

0809_a ぱっと見ると、

まるでセダンの様に見えますが、後ろはしっかりベッドになってます。

0809_c 今見ると、ホント新鮮なスタイルです。

新鮮と言うよりも斬新ですかね?このまま2Drセダンにしてもオモシロイかも。まあ勿体無いですけどね。

完璧に仕事車のW-Cabトラックの様に、ベッドとキャビンが別にはなっていません。

セダンベースですから、Pick、Vanなんかはキャビンが繋がって、ピラーがきちっとしてるからカッコいいんです。

0809_b ね、ちゃんとしたBedです。

ピラーもしっかりしてます。このBedサイズだとあまり大きものは無理ですが、Honda

Cubなら斜めで入りそうです。以外と昭和スタイルでカッコいいかも!

2008年8月 2日 (土)

夏は涼しく。

0801_a 暑い日が続きますね。

ク―ラーレスの国産旧車乗りの方は、気合で乗り切っているか、乗らないか?って感じですよね。

やはり今の日本の気温の上がり方だと、ドライバーにもクルマにも良くないですね。

画像は1-JZ Pick upです。

0801_b 1-JZですからクーラーもバッチリ。

それもエンジン換装の、一つの要素ですね。元々商用車ですからセダンの様なクーラーのユニットはありません。

そこで、Vintage Airと言うアメリカのメーカーのユニットが登場です。ヒーターの吹出し口を利用し、吊り下げ式を使わなくてもスマートにクーラー装着可能です。

インパネの下、ちょうど灰皿の下あたりに、さも昔からついて居たようなSwitchパネルが増えただけです。

0801_c 自然だし目立ちません。

来年は貴方も1-JZ搭載で、涼しい夏をCROWNで過ごしませんか?

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »