« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月27日 (土)

CROWN Picnic

今週のCROWN Classics Reportは、レストアレポートはお休み頂いて明日開催される「18 Annual CROWN Picnic」のお知らせです。

Eventinfo_04 本牧AREA-1 Fairground、MOONEYES AREA-1裏のパーキングで開催されます。9:00am~15:00pmまでで、AREA-1でのお買いものや、Cafeでのお食事もすぐ出来ますよ。ぜひ、明日28日(日曜)はCROWN Picnicへいらして下さい。

18回って言えば、1年に一回ですから18年。当たり前ですが第1回の年に生まれた子供は、もう18歳!!長い間続いてます。

最初CROWN Classicsは、RS/MS46~56のPick-up/Wagon,Vanが対象でスタートしました。プラス観音です。

1027_a 写真は第1回のものです。保土ヶ谷スポーツマンズクラブのパーキングが会場でした。

Pick-upやWagon/Vanでも20台程度の台数が、何回目かまでは集まっていました。当時からのお客様はもう何年もCROWNフリークですね。もうそれは一生モンの病気です(笑)

現在は観音からクジラまで、セダンももちろんOKです。同じコンポーネンツを持つクルマ同士が集まるイベントになりました。これからもずっとお付き合い下さいね。

昨年は59台!昨年の様子はコチラ http://www.mooneyes.co.jp/crown-classics/events/06cp/ 今年は何台いらしてくれるでしょうか?

これだけのOld CROWNが集まるのはCROWN Picnicだけです。ぜひ遊びに来て下さいね。

2007年10月20日 (土)

リアフェンダー

少しずつ、着実に進んでいるRS46 丸テールPick-upレストア作業ですが、先週は左ドア、フェンダーまで進みました。

1020_b  この箇所は??ベッドの下側になりますが、ここもこんな状態でした。腐食が進んで行けば、こんな感じで末期症状になってしまいます。

パネルは面だしを行いながら、腐食箇所の補修を行い最終的にこの部分を溶接になります。

リアフェンダーアーチの下側もやはり腐食があったり、フェンダーの形を形成もしないといけませんでした。

1020_c 結局すべてを造り直し状態ですが、やはりこう言う部分は出るところは出ていないと、全体のフォルムに影響される個所ですから、手間を掛けてやり直すしかありませんね。

これらの写真では、もちろん紹介しきれない補修、板金等々ありますが、左側は結構カタチになりました。

1020_d まだまだ作業は山のように有りますが、どんどん進みます。

2007年10月13日 (土)

ドア周り 編

1013_a2 さてこの部分、一体どの部分でしょう? ドアの下部ですが、こんなにきちゃってました。。。

ドア下部は前から後ろまでって感じで、上の写真は直線部ですので、まだ張替易いですが、コーナーの丸みが出る部分は腕の見せどころですね。

1013_b_2

こんな感じです。水が侵入して来る部分ですし、ここを手抜きするとまた同じ様な状況、いやもっと悪化して行ってしまいますね。

ドア側がこの状態だと、ボディ側も一緒ですので同時に造り直していっちゃいます。

ほとんど作りなおし、鉄板貼り直しをして、面出しをして研いで行きます。

1013_c

ハイ、片側のドアがひとまず出来ました。

1013_d

お、Frontフェンダーも出来てました!

1013_e

組つけして行けば、どんどんクルマらしくなりそうです

2007年10月 6日 (土)

テール周り 編

先週のCROWN Classics Reportは、ドア周りの板金をお見せしましたが、今週は、RS46 丸テール Pick-upの一番大事な部分と言っても過言では無いテールライト周りです。 

1006_a

ここもかなりヤバい状態ですね、いわゆるサクサク状態になってます。やはり切って、貼って、、、と書けば簡単ですが、作りなおしですから一から形を整形し、この状態です。

46rest_10

ほんとにここは、このクルマの大事な部分ですから角と面の処理は

気合が入る所ですね。

次はテールゲートです。

1006_c

ここも大事ですね。テールを引き立てる為にもストレートなテールゲートは

絶対ですし、個人的にクルマの後ろ姿は、かなり大事だと思います。

1006_e

テール周りまずは形になりました。これで完璧に終わりではありませんが

ひとまず、「お、丸テール ピックだね」になりましたね。

また続きます。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »